医学部合格への最短ルートは家庭教師なのか塾・予備校なのか?


医学部合格への最短ルートは家庭教師なのか塾・予備校なのか?

医学部受験における最適な対策は家庭教師か、塾・予備校か?
この質問はトライ式医学部合格によく寄せられる質問です。

家庭教師、塾・予備校ともにそれぞれ優れた点がありますが、
どちらかを選ぶとすれば、
医学部受験に最適な対策方法は家庭教師だとトライ式医学部合格は考えています。
理由は、「マンツーマン授業のため柔軟な対応が可能」であるから。

家庭教師と、塾・予備校の主なメリットを列挙してみました。

家庭教師の良さ、塾・予備校の良さとは?

家庭教師と、塾・予備校の主なメリット

家庭教師の良い点に挙げた、
「各生徒対応した、オリジナルカリキュラムで学習を進めることができる」点ですが、
家庭教師なら、各生徒それぞれに対して、
受験本番までに現状の学力をいつまでにどのくらい上げるのか、またそのためにどうすれば良いのか、
細かいカリキュラムを作成することができます。

また、「志望校に合わせて対策することができる」点ですが、
私大医学部の受験は特に、各学校で傾向が分かれるため、
それぞれの大学に合わせた対策をしなければ合格は困難です。
家庭教師なら志望校に特化した対策はもちろん、
小論文対策や面接対策に関しても、ぬかりなく対策することができます。

さらに家庭教師なら「常にきめ細かいフォローを受けることができる」ため、
学習面のことから、精神面におけるサポートまで、
きめ細かなサポートを受けることができます。
塾・予備校は、教師一人当たりの受け持つ生徒数が多く、フォローが行き渡らないケースが多いのが実情です。

一般の受験に比べ、高い実力と周到な対策・準備が求められる医学部受験ならば、
柔軟な対応が出来る家庭教師こそ、合格への最短コースではないでしょうか。

家庭教師と塾・予備校の併用型で医学部合格を目指す場合も

近年、塾・予備校と家庭教師の併用型で医学部に合格するケースも非常に多く、
併用型は医学部受験に強力だとトライ式医学部合格でも考えています。

上に挙げた家庭教師の特徴と塾・予備校の特徴を組み合わせることで、
医学部合格に大きく近づくのは間違いありません。
実際にトライ式医学部合格の生徒で、塾・予備校と家庭教師の併用型で学習を進めている生徒も数多くおり、
日々の勉強のリズムをうまく取りながら勉強しています。

トライ式医学部合格についてもっと知りたい方

今なら受験に役立つ「医学部入試データ集(小冊子)」プレゼント!
0120-555-202 受付時間:9:00~23:00(土日・祝日も受付しております)
資料請求はこちらから

このページのトップに戻る