“目指せ、No.1。
やりがいは、自己の中から見出す”

大野 世貴

家庭教師のトライ
東海エリア長

静岡県立大学

2014年入社

入社動機
大学時代は英語の教員を目指していたが、関われる生徒の数に限りがあると思い、民間教育に視野を広げる。トライは現場の社員も経営層も教育プランナーとして生徒に向き合う文化があり、自分が成長できそうだと感じ入社を決意。
これまでのキャリア
入社1年目は家庭教師のトライ大阪校で教育プランナー、2年目は兵庫で家庭教師の支店長、3年目は人事部で新卒採用担当、4年目は静岡で個別教室3教室のチーム長兼教室長、5年目からは静岡西エリアのエリア管轄責任者。

多くの生徒と関わりたい。
子どもの将来を担う責任のある仕事

私は教育プランナーという仕事に大きな魅力を感じ、入社を決めました。教育プランナーは学習計画を目標に合わせて立案し、生徒とご家庭をサポートする仕事です。

もし教員になっていたとしたら、関われる生徒の数は30~40名程。一方で、トライなら関われる人数が多いだけでなく、一人ひとりの子どもの目標達成に向けて、担当講師、親御さん、そしてスタッフと協力し、チーム一丸となってバックアップしていくことができるのです。

実際に教育プランナーになって現場に立ってみると、一人ひとり抱えている状況も悩みも目標も違い、一筋縄ではいかない難しさを知りました。しかし、子どもの可能性を開花させることができるのも自身の力次第。子どもの人生の分岐点に立ち会い、将来を担う大きな責任のある仕事だと実感しています。

自分の成長よりも、関わる人の成長が何より嬉しい

仕事の面白さと比例するように仕事の結果もついてきました。その成果が認められ2年目には、家庭教師のトライ兵庫校の支店長となり、5年目には静岡県で一番大きな教室である浜松駅前個別を任されるまでになりました。それと同時に、静岡西エリアの5つの個別教室の責任者を兼務しています。

今は、現場社員の育成の難しさに直面しています。しかし、教育プランナーとしてやってきたことと同じで、部下たちの強みを知り、伸ばす。課題を知り、解決へとサポートしていく。対峙している相手が、子どもではなく社員になっただけだと思えた時、一歩前に進めた気がしました。

今では部下である教室長の成長が何より嬉しいですね。教室長のレベルが上がれば、講師の質も向上し、最終的には生徒の目標達成にも確実に繋がっていくからです。

高い壁を乗り越えれば、また次の壁が。
No.1への道は、まだまだ続く

私は中学時代に野球部、そして高校時代にハンドボール部の主将を務めていました。チームでひとつの目標に向かって、物事を成し遂げることが、自分のモチベーションに繋がることを知っていたので、今の環境はやりがいを持って楽しくやれています。

担当地域内の人と人とのつながり、一つひとつの積み重ねにより、浜松エリアの全体目標を達成できた時は、この上ない喜びを感じます。

今後の目標は、家庭教師のトライ、個別教室のトライが、どの地域でもNo.1になることです。私は、“トライの人財、教育”が世の中の人のためになると信じています。だからこそ、まずはお客さまが塾を検討する時に真っ先に選ぶのがトライであることが目標です。それを成し遂げるために、浜松でノウハウを蓄積し、全国に広げていきたいと考えています。

とある1日のスケジュール

13:00

メールチェック・始業報告

自身が担当する地域の社員と、本日の予定について打ち合わせをします。面談の予定があれば、その事前打ち合わせを欠かさず行います。

14:00

教室開校準備

生徒が来るまでに、清掃や掲示物の確認を行います。きめ細かい配慮によって印象が変わるので、常に綺麗な教室を心がけています。また、授業予定の確認や教師との打ち合わせも日々の業務です。

15:00

休憩

16:00

管掌教室への訪問

いくつかの教室を担当しているので、実際に訪問をして、運営がうまくできているかを確認します。

18:00

次の教室へ訪問

新しく開校した教室には頻繁に訪問をします。近隣の学校を調査したり、周りにはどんな塾があるのかを頭に入れることは必須です。

20:00

定期面談

自教室に戻り、新しくお問い合わせをいただいたご家庭と面談を行います。お子さんの現状を踏まえ、目標を達成できるように一緒に頑張ろうという話を気持ちを込めてします。どの教師が一番合うかも自分で考え、常にベストな提案を心がけています。

22:00

退社

ENTRY

エントリー

この度は、株式会社トライグループに
興味を持っていただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできることを、
心より楽しみにしております。