岩手県の高校受験情報

岩手県の高校受験概要

高校受験の入試日程や受験トピックをご紹介します。

  • 内申点について
    岩手県の公立高校入試における内申点は中1から中3までの9教科(国語・数学・社会・英語・理科・音楽・保健体育・美術・技術家庭)の成績が対象になります。
    一般入試の場合、内申点は次の計算式で算出されます。
    9教科:中1合計110点・中2合計220点・中3合計330点 総合計660点×2/3の440点満点で算出されます。
    岩手県は東北6県の中では内申点の比重が一番高くなっており、普段の学校での授業態度や提出物の提出状況や定期テストの点数が非常に重要であるといえます。
  • 推薦入試について
    岩手県公立高校の推薦入試はスポーツ活動・運動部の功績及び文化活動・文化部の功績に大別され、面接試験に加え、内申書・作文(小論文)、学科によっては実技試験を実施します。
    2017年度より推薦合格者に対し学力検査(一般入試相当)を実施し、学力とのバランスの取れた生徒を募集する傾向が高まっています。

  • 一般入試について
    一般入試では、学力検査(国語・数学・英語・理科・社会)・調査書(内申点)・面接試験より総合判定します。
    配点は学力調査500点・調査書440点・面接試験60点、合計1000点満点で実施します。
    選考割合に応じてA選考・B選考・C選考を各高校で決定します。
    学力検査・調査書・面接試験の比率として、A選考は5:5、B選考は3:7、C選考は7:3に分かれ、A選考は均等型、B選考は調査書面接重視型、C選考は学力検査重視型となっています。

公立高校入試の傾向と対策

英語・数学・国語・理科・社会の5科目について、前年度の出題傾向と対策方法を紹介します。

英語

  • リスニングについて
    2017年度~2018年度は4問出題されています。
    (1)は対話を聞いてあとの続く英文を選ぶ問題。
    (2)は対話文を聞いて質問に対する最も適切な答えを選択する問題。
    (3)は説明文を聞いて質問に対する文の空欄に適語を補充する問題。
    (4)は絵を見て絵について英語の質問に英語で答える問題。
    対策として日ごろからワーク問題集付属のCDを活用し、英語の音声をできるだけ聞き取れるよう学習を進めましょう。

  • 対話文について
    対話の流れを正しくつかみながら、対話文読解では話題となっている事柄について理解した上で解くことが重要です。会話表現についても良く出てくるものに関しては覚えておく必要があります。

  • 長文読解について
    長文読解は読解総合として長文・対話文合わせて毎年2~3問出題されています。
    長文読解問題として説明文・物語文・スピーチ・日常的な出来事など分野が広いため、多種多様な問題に対応できるよう準備しなければなりません。文章を素早く読むスピードも問われます。

  • 英作文について
    英作文では近年、対話の意味が通るように語順を並べ替えさせるものや自分自身の考えを表現させるものが出題されています。
    対策として身近なことを英語で表現できるかどうか場面に応じて考え、都度英語で表現していくことが有効です。


数学

  • 計算問題について
    正負の数を使った四則計算は毎年必ず出題されます。基礎基本を問う問題になっていますので、ケアレスミスをしないよう、日ごろから心がけ学習し、確実に解けることを確認することが重要です。

  • 方程式について
    2次方程式に関する問題が平成25年度より毎年出題されています。方程式の利用(文章題)の出題割合も高いため、問題文より式を立てる練習をすることを心がけましょう。解答までの途中計算を省略し、ミスに繋がらないよう心がけましょう。

  • 関数について
    比例・反比例・1次関数・2次関数の分野より毎年出題され、特に1次関数の式を求める問題がよく出題されます。また2次関数と1次関数の総合問題が以前は高く、近年は関数と図形に関わる出題が多いため、関数と図形の融合問題を含め過去問をしっかり練習しましょう。

  • 資料の活用について
    処理方法さえおさえていれば簡単に得点が取れる分野です。問題集等で演習を重ねて、何も調べなくとも解答を導き出せるように準備しておきましょう。

  • 規則性に関する問題について
    規則性を発見して解く問題など数学的な考え方を問う問題が毎年出題されています。過去問や他県の過去問などを活用し、いろいろなパターンに触れておくことが重要です。


国語

  • 文章について
    文学的文章は例年小説より出題されることが多いですが、2017年度より随筆が出題されています。
    文学的文章では心情や表現について問われることが多いため、登場人物の心情や描写をしっかり捉えることが必要です。
    説明的文章は例年多種多様なテーマの論説文が出題されるため、普段より物事について考える習慣を身についているかどうか判断する出題が増えてきています。

  • 古典について
    漢文の書き下し文及び古文が2017年度より出題されています。
    古典は歴史的仮名遣い、登場人物について問われることが例年多く、漢文については基礎基本の定着を図ることで対応できる問題の割合が多い傾向が見られます。

  • 表現問題について
    スピーチ原稿・手紙文・クラス(委員会)での話し合い・プレゼンテーションなど多種多様な形式の表現問題が出題され、記述し解答する問題の割合が年々高まっています。
    日ごろから、自分自身の考えを文章で記述できるようにする習慣を身につけることが必要です。

  • 韻文の鑑賞
    詩・短歌・俳句が例年交代で出題され、内容としては内容解釈・空欄補充の割合が高く、季節感について出題される問題が近年増えてきています。
    対策として、教科書の他、ワーク問題集の類似問題や過去問を解いて、詩・短歌・俳句の基礎基本を理解することを優先して進めておきたいところです。

  • 漢字の読み書きについて
    例年、漢字の読み書き、それぞれ2題、共通する漢字を記述する問題の計5問が出題され、出題レベルがやや高いため、ワーク問題集の他、必要に応じて漢字検定の問題集を併用するなど、問題練習をすることを心がけましょう。

理科

  • 物理について
    電流回路・オームの法則・電子誘導・電流と磁界など基本を問う問題が例年出題されます。
    また、物体の運動やエネルギーも頻出なので基本を理解し、計算問題、グラフ作成などの訓練をしておくことが必要です。 

  • 化学について
    化学変化・水溶液とイオンを中心に実験・観察を復習しましょう。
    化学反応式の計算、記述式の問題に十分対応できることが重要です。 

  • 生物について
    動物、植物の範囲より幅広く出題されます。
    動物分野では生物の成長と増え方、呼吸・血液循環・消化などがよく出題され、植物分野では生物のつながり、植物の作りとはたらきについて出題される傾向が高いため基本的な理解を問われる問題に対応できるよう学習を進めましょう。 

  • 地学について
    天体・天気・地震及び大地の変化について出題が多いのが特徴です。
    天体では太陽の動き、惑星、地球の自転と公転など広い範囲から基本的な知識が問われる問題が出題されています。天気は天気図や写真を基にした天気の変化、季節の天気の変化、季節の天気の特徴、大気の水蒸気などの基本問題が多いです。
    地震・大地の変化では地震や鉱物、堆積のしかたや堆積岩について基本的な知識を問われる問題が出題されます。苦手な単元は要点をノートにまとめ基本問題を重点的に進めましょう。

社会

  • 地理について
    世界地理・日本地理に大別され、世界地理では略地図や資料を基に問われる問題が多いです。
    地図の図法、時差計算などの大問が出題されるため日ごろから問題演習に取り組んでおくことが重要。
    世界地理、日本地理ともに地域別に区切って出題されるため、各地域の農業・工業・自然の特徴を押さえ、資料も読み取れるように準備しておきましょう。
    日本地理では昨年は長野県から出題。様々な地域の特色を覚えておくことが必要です。

  • 歴史について
    日本史では近世までと近代・現代の内容に分けて出題されます。
    各時代の文化・教育・政治の仕組みや外交の特色などが多角的に問われます。
    また、写真を使った問題が多く出題されるため日頃から資料集を使った学習が欠かせません。
    また、外国との結びつきなども問われるため外国の出来事も含めて自分で年表を作成するなどして理解を深めることが大切です。

  • 公民について
    特に重点が置かれている経済分野では財政、貿易などの広範囲から出題されるため日頃から経済動向に目を向けておくことが大切です。
    国際関係では国際経済や国際連合の組織、最近の国際社会の時事的な問題などが出題されます。新聞やニュースを見て情報を取り入れ、自身の知識を論述できるよう練習しておくことが必要です。

私立高校入試の傾向と対策

志望校の入試傾向に合わせたカリキュラムで学習することが、
受験合格までの第1歩です。
代表的な学校について、入試の出題傾向と対策法をご紹介します。

盛岡中央高

コースは、SZコース、Zコース、Aコース、Rコース、Bコースと全5コースあります。

最近では中等部を設置し、中高一貫教育を導入することで、国公立大学や有名私立大学への進学に力を入れています。
高校から受験しようとすると、特に大学への進学実績が豊富なSZコースとZコースについては競争率が高くなっており、入りにくくなっています。

試験は国語・数学・英語・理科・社会の5教科でマークシート方式です。
各コースの合格基準点は普段の学校の実力テスト(500点満点)で考えると、
SZコース→430点、Zコース→400点、Aコース→300点、Rコース→250点、Bコース→170点
といったところです。

試験の難易度は、標準以上の問題が多く、決して簡単な試験ではありません。
岩手県の公立高校の入試問題と同等程度と考えておいたほうが良いでしょう。

特にSZコース、Zコースの受験を考えているお子さまについては、8割以上の正答率が必要となるため、
応用・発展問題の対策を十分に行っていなければ合格点を獲得することは難しいでしょう。


トライでは上記の学校以外にも、
各学校別の受験対策カリキュラムを作成し指導しています。

指導対象校一覧
岩手高、盛岡白百合学園高、盛岡大学付属高、岩手女子高、盛岡誠桜高、花巻東高、専修大学北上高、水沢第一高、一関学院高、一関修紅高

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

岩手県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 公立入試 数学の文章題・関数特訓コース
  • 公立入試 数学の基礎完成コース
  • 公立入試 英語のリスニング対策コース
  • 公立入試 英語の長文読解コース
  • 公立入試 英語の文法対策コース
  • 公立入試 国語の文章読解コース
  • 公立入試 国語の古典・漢文コース
  • 公立入試 理科の物理・化学特訓コース
  • 公立入試 社会の総復習コース
  • 公立中学校 内申点のための定期テスト対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

岩手県の高校偏差値一覧

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72
71
70
69盛岡第一(普通・理数)
68
67
66
65
64盛岡第三(普通)
63
62
61
60
59
58盛岡第四(普通)、花巻北(普通)
57一関第一(普通・理数)
56盛岡北(普通)、水沢(普通・理数)
55盛岡市立(普/特別進学)
54黒沢尻北(普通)
53不来方(普/人文理数)、釜石(普通・理数)
52盛岡第二(普通)、大船渡(普通)、宮古(普通)
51盛岡市立(普通)、福岡(普通)
50盛岡南(普通)、不来方(普/外国語)、花巻南(普/人文自然)
49不来方(普/芸術)、盛岡商業(流通ビジネス・会計ビジネス・情報ビジネス)、花巻南(普/国際科学)、高田(普通)、久慈(普通)
48盛岡南(普/体育)
47盛岡工業(建築デザイン)、花北青雲(情報工学・ビジネス情報・総合生活)、盛岡市立(商業)
46盛岡南(体育)、不来方(普/体育)、盛岡工業(機械・電気・電子情報・電子機械・工業化学・土木)、花巻南(普/スポーツ)、水沢商業(商業・会計ビジネス・情報システム)、金ヶ崎(普通)、一関第二(総合)、遠野(普通)、宮古商業(商業・会計・流通経済・情報)
45北上翔南(総合)
44黒沢尻工業(機械・電気・電子・電子機械・土木・材料技術)、岩谷堂(総合)、大東(普通)、千厩(普通・産業技術)、久慈東(総合)
43大東(情報ビジネス)、大槌(普通)、岩泉(普通)
42雫石(普通)、紫波総合(総合)、西和賀(普/普通)、一関工業(電気・電子・電子機械・土木)、花泉(普通)、千厩(生産技術)、大船渡東(情報処理)、山田(普通)、種市(普通)、福岡工業(機械システム・電気情報システム)
41盛岡農業(動物科学・植物科学・商品科学・人間科学・環境科学)、沼宮内(普通)、西和賀(普/福士情報)、水沢工業(機械・電気・設備システム・インテリア)、前沢(普通)、釜石商工(機械・電子機械・電気んでし・総合情報)、遠野緑峰(情報処理)、久慈工業(電子機械・建設環境)、一戸(総合)
40伊保内(普通)、大迫(普通)、大野(普通)、大船渡東(食物文化)、大船渡東(農芸化学・機械・電気電子)、葛巻(普通)、軽米(普通)、住田(普通)、平舘(家政科学)、平舘(普通)、高田(海洋システム)種市(海洋開発)、遠野緑峰(生産技術)、花巻農業(生物科学・環境科学・食農科学)、水沢農業(農業科学・環境工学・生活科学)、宮古北(普通)、宮古工業(機械・電気電子・建設設備)、宮古水産(海洋技術・食品家政・食物)
39
38
37
36
35
34
33
32
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72
71
70
69
68盛岡中央(普/特進選抜)
67
66
65
64
63
62
61盛岡中央(普/特進)
60一関工業高専(機械工学・電気情報工学・制御情報工学・物質化学工学)
59
58
57
56
55岩手(普/特別進学)盛岡白百合学園(普/ME)
54
53
52盛岡大学附属(普/特別進学)
51一関学院(普/特別進学)、盛岡中央(普/進学選抜)
50
49盛岡中央(普/進学留学)
48岩手女子(看護)
47花巻東(普/特進)
46
45花巻東(普/アスリート特)
44一関修紅(普/特別進学・普/看護進学・普/教育系)
43
42一関学院(普/普通)、専修大学北上(普通)、花巻東(普/キャリア)岩手(普/総合進学)岩手女子(普通)、盛岡白百合学園(普/MI)
41水沢第一(普通)、盛岡誠桜(全科一括)、盛岡大学附属(普/進学)、盛岡中央(普/進学総合)
40一関修紅(普/幼児教育・普/総合)江南義塾盛岡(普通・情報処理)、専修大学北上(商業)専修大学北上(自動車)水沢第一(調理)、盛岡スコーレ(総合)一関修紅(生活教養)、岩手女子(福祉教養)
39
38
37
36
35
34
33
32

(トライ教育情報センター調べ)

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

岩手県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 公立入試 数学の文章題・関数特訓コース
  • 公立入試 数学の基礎完成コース
  • 公立入試 英語のリスニング対策コース
  • 公立入試 英語の長文読解コース
  • 公立入試 英語の文法対策コース
  • 公立入試 国語の文章読解コース
  • 公立入試 国語の古典・漢文コース
  • 公立入試 理科の物理・化学特訓コース
  • 公立入試 社会の総復習コース
  • 公立中学校 内申点のための定期テスト対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

お問い合わせ・
資料請求はこちら

  • トライさん相談窓口 LINEでもお問い合わせできます! 友だちに追加する
高校受験情報TOPへ戻る