高校受験情報

各都道府県の公立高校受験を突破するカギは、内申点アップに向けた定期テスト対策と、入試傾向に合わせた受験対策です。また国私立の高校入試では、学校ごとの出題傾向を踏まえた学習が欠かせません。第一志望合格に向けて、まずは入試制度や受験情報を把握し、効果的に学習を進められるようにしましょう。

高校受験概況

2020年教育改革の流れを受けて、公立高校・私立高校ともに入試で出題される問題の傾向に変化が生じています。基本的な知識を問う問題に加え、「思考力・判断力・表現力」を問う問題の比重が増しています。そのため、答えに至るまでの過程を記述させる問題や、グラフ・資料を分析し解答する問題、単元を横断した複合問題に対応できる力を身につけることが点数アップのカギです。2020年に向けて今後さらに出題内容が従来とは異なるものに変わっていくことが予想されます。出題傾向に左右されない、本質的な学力を身につけることが重要です。

ここがポイント

思考力・判断力・表現力を問う問題が増えてきている

記述型の問題や資料読み取り問題への対策を

今後も出題傾向は変わる可能性大。本質的な学力定着がカギ

また、高校受験において「内申点(評定、調査書点)」も非常に重要です。受験の合否は入試本番の点数と内申点の点数の合算で決まります(比率や算出方法は都道府県により異なります)。つまり、内申点が高いほど合格に必要な入試の点数は下がるのです。内申点は高校受験の合否を左右する重要な指標といえるでしょう。
内申点は、学校での授業態度や提出物の状況に加え、定期テストの点数で決まります。受験学年になってから勉強に本腰を入れるのではなく、中1のときからコツコツ学習を重ね、定期テストでしっかり点数を取れるようにしましょう。特に推薦入試での進学を検討しているお子さまにとっては、内申点でほぼ合否が決まるといっても良いでしょう。
都道府県によっては、英検や数検などの各種検定で一定以上の資格を取っていると、内申点に加算される場合があります。中3になると志望校に向けた受験対策に時間がとられてしまうので、検定に向けた学習は早めに済ませておくのが良いでしょう。

ここがポイント

内申点は、高校受験の合否を左右する!

定期テストや日々の授業にしっかり取り組むこと

英検・数検などの検定試験対策は早めに

トライ式 高校受験FAQ

高校受験にまつわるよくある質問を記載しています。
受験に関することで分からないことがあれば、いつでもトライさんに相談してください。

公立高校入試の制度や点数の算出方法は?

回答を見る

公立高校の入試制度は、都道府県ごとに異なります。例えば東京都であれば、内申点と入試本番の点数が7:3の比率で評価される学校が多いです。内申点は中学3年生の点数が評価対象となり、美術や音楽などの実技科目は2倍で計算されます。一方大阪府でも内申点は合否にかかわりますが、中学3年時だけでなく、1年~2年時の内申点も評価対象となり、中1:中2:中3=1:1:3の傾斜をかけて内申点を算出します。
詳しくは、都道府県別の高校受験情報ページを参照してください。

学年ごとに注意しないといけないことは?

回答を見る
 

中学1年生

  • つまづくこと

    1年生で最もつまづきやすい教科は、英語と数学です。中学生から本格的に習う英語と、方程式や関数など文字を使って解く数学は、小学生の内容をより詳しく勉強していく理科と社会や、文章の質と量が増えていく国語と違い、小学生の時と学習内容が大きく異なるため1つ1つ丁寧に理解していくことが必要です。この時期につまづいてしまうと3年間苦手意識を持ってしまい、今後の学習に大きな影響を与える可能性が出てくるので、注意が必要です。

  • 攻略ポイント

    中学1年生の学習のポイントは、「苦手科目」を作らないことです。中学1年生の段階から予習と復習をしっかり行い、勉強に対して苦手意識を持たないようにしましょう。予習・復習をしておくと「いま何がわからないのか」、「これから何を勉強していく」のか明確になるので学校の授業に対して不安がなくなります。特に苦手科目になりやすい英語は新しい単語と文法を習ったら、ノートにしっかり書いておくことがポイントで、数学は方程式や一次関数の仕組みがしっかり理解できるように、たくさんの問題を何度も練習するようにしましょう。そして、どの教科も、もしわからない所ができたら、恥ずかしがらず学校の先生に聞くようにしましょう。

中学2年生

  • つまづくこと

    2年生になると学校生活にも慣れ、部活動も忙しくなり始めるので、勉強がおろそかになりがちです。しかし、授業は進度が速くなりどんどん新しい単元に進みます。内容もより高度になっていきます。 今までと同じ勉強量・勉強のやり方では、学習内容が定着しないまま先に進んでしまい、授業についていけなくなってしまいます。また、今までの学習内容を忘れてしまうということもおこりやすくなります。

  • 攻略ポイント

    学校の授業で「わからない」と思った時に、できる限り早めに疑問を解消する癖をつけましょう。塾や家庭教師の授業で質問するほか、永久無料の映像授業「Try IT」の活用がおすすめです。1単元15分ほどにまとまっており、ポイントを押さえた復習に効果的です。 教科別では、数学の「1次関数」「合同な図形」、英語の「不定詞」がつまずきやすい生徒が多い単元です。高校入試でも頻出の単元なので、予習・復習をしっかり取り組み。

中学3年生

  • つまづくこと

    受験学年である3年生では、新しく習う単元の習得だけでなく、1・2年生の復習も同時に進めていかなければなりません。数学は二次関数や円周角・三平方の定理・相似、英語は現在完了形や関係代名詞といった3学年で最も難しい単元を学習します。 しかし、それと同時に受験に向け1・2年生の総復習もしていかなければならないため、勉強量のバランスが非常に難しくなります。

  • 攻略ポイント

    中学3年生で重要なことは、受験に向けそれぞれの科目を計画的に勉強していくことです。まずは自分の得意科目と苦手科目を分析しましょう。得意科目は入試に向けて普段の勉強から時間を計るなど入試当日を意識した学習を心がけましょう。苦手科目やケアレスミスの多い科目は、つまずいた単元までさかのぼって学習できるよう計画を立てましょう。部活を引退するまでの間は、通学時間などのすきま時間を有効活用しましょう。

私立高校入試の特徴は?

回答を見る
私立高校入試の種類は、大きく①一般入試 ②単願推薦 ③併願推薦 の3パターンに分かれます。
1. 一般入試
学力検査を受けて、その点数で合否が決まります。英語・数学・国語の3科目受験のケースが多いです。学校ごとに出題傾向が大きく異なり、特に難関校を受験する場合には特別な対策が必要です。
2. 単願推薦
原則として、合格したらその学校に必ず入学することを前提に受験する入試方式です。学校長から推薦をもらい、面接や作文などの試験を受けます。推薦をもらうためには内申点が一定以上であることが出願条件です。
3. 併願推薦
いわゆる「滑り止め」受験です。第一志望校の入試が不合格だった場合に備え、併願校として受験します。学校の内申点が一定以上であることが出願の条件となります。

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

指導実績豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして高校受験情報に精通した教育プランナーがサポート。高校受験対策に強い、トライの指導内容をご紹介しています。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

高校受験
志望校合格をサポート!
家庭教師のトライ 中学生のコース

2019年度入試の
合格実績教師 優先予約開始!
お問い合わせ・資料請求はこちら

  • トライさん相談窓口 LINEでもお問い合わせできます! 友だちに追加する