愛媛県の中学受験情報

愛媛県の中学受験概要

中学受験の入試日程や受験トピックをご紹介します。

ここでは愛媛県の中学入試について詳しくみていきたいと思います。
近年教育の現場では「脱ゆとり教育」を掲げ多くの施策が行われてきました。その最大の理由は「学力低下」への懸念です。円周率の3を始め、全体の授業時間の減少・休日の増加、カリキュラムの改定などはまだ記憶に新しいかと思います。
現在ではそれらの反省を踏まえ、更に新しい試みがなされようとしています。
それが「2020年教育改革」です。ではここで具体的にどのような変更があるのかを見ていきましょう。
□英語教育
現在英語の学習が本格的に始まるのは中学1年生からです。では2020年の教育改革ではどなるのかというと・・・

小学3・4年:「外国語活動」が開始
小学5・6年:「英語(教科)」が導入
中学校:英語の授業は基本「英語」でおこなう

まず気になるの「外国語活動」です。これは主に体験型の英語活動です。アルファベットの学習から始まり、身の回りのものを英語で表現してみるなど、英語に親しむことを念頭に行われます。そして5・6年生になると授業としての「英語」が始まります。これは成績の評価対象となり、文法や読解などの現在中学生が行っているような学習を進めていきます。更に中学校に上がると英語の授業では先生も生徒も基本的には英語しか使わずに授業を進めていきます。
これらの学習を通して「書く力」と「読む力」に加え「聞く力」と「話す力」も鍛えていきます。具体的には小学6年生で今の中学3年生と同程度の英語力(英検3級)を身に着けることを目標としています。

□実践力
英語以外でも特徴的なのが学習方針です。これまでとは異なり「自分で考える力」「自分で判断する力」「自分で表現する力」が求められるようになります。
例えば、問題も1問1答形式ではなく正解が用意されていない問題に自分なりに答えたり、面接もその場で考えて自分の言葉で表現したりすることが求められるようになります。これらの要求に応えられるようにするため、小学校でもディベートの導入やプログラミング学習などが検討されています。


□中学入試にむけて
愛媛県で入試のある中学校はほとんどが中高一貫校です。そのため入試では国・数・理・社などの現状学力は勿論のこと、6年間共に学習することを念頭に、人格や態度なども細かく見られます。学力順に並び替えると愛媛では愛光学園中が頭一つ抜け出ており、以下に済美平成中等教育・愛大附属・松山西中等教育・・・と続いていきます。中でも特徴があるのが愛大付属で入試科目には国語と算数に加え図工・音楽・体育の実技が課せられます。そのため早めの対策が必須となります。
しかし、今回の教育改革を踏まえ今後の試験科目に英語が加わること可能性が濃厚です。また、これまでのようにただ知識を問うような問題ばかりではなくそれらの応用として新たな考えを問われる問題も増えるでしょう。面接においても質疑応答ではなく口頭試問が予想されます。
これらにきちんと対応していくためには、これまでの中学入試対策を根底から考え直す必要があります。気をつけないといけないのは、新しいことが増えた分これまで必要だったものが減るというわけではないということです。問われる基礎学力の水準は変わりません。そこに表現力や思考力、英語力などが加わるということです。
これらはすぐに身に付くものではありません。早いうちにきちんと専門の対策を受けておくことがお子様の将来を切り開くカギとなるはずです。

学校別の傾向と対策

志望校の入試傾向に合わせたカリキュラムで学習することが、受験合格までの第一歩です。
代表的な学校について、入試の出題傾向と対策法をご紹介します。

愛光中

国・算・理・社 4科目
面接・作文なし

高校と同じく面接と作文がなく完全実力型の入試です。

受験者は国・算・理の3科目受験と国・算・理・社の4科目受験どちらかを選択可能です。

問題の難易度も非常に高く、小学校内容を完全に理解できているだけでは解けない問題も多いです。また、問題難易度よりも問題を正確に理解する読解力が必要です。遅くても小学4年生から対策を進めておく必要がある。それまでは算数の基礎計算力や漢字など基本となる部分をしっかり鍛えておきましょう。

済美平成中等教育

国・算・理・社 4科目
及びグループ面接

専願の受験者と併願の受験者で選考が分かれます。
問題の難易度は小学校の内容がきちんと理解できていれば対応できるレベルだが、設問が長い問題や1問の中に多数の要素が含まれている問題が多いため、そういった問題への対策は必要です。
各科目記述の問題が含まれるため、記述を苦手としている受験生は部分点だけでもとれる練習をしておきましょう。

新田青雲中等教育

国・算・理・社 4科目
作文
面接(専願のみ)

専願の受験者と併願の受験者で選考方法が分かれます。
問題の難易度は小学校の内容がきちんと理解できていれば対応できるレベルです。
算数では特殊算などの中学入試特有の問題も出題されるため、きちんと対策はしておきましょう。

松山西中等教育

適性検査
作文
グループ面接

適性検査は国・算・理・社の総合問題。
問題のレベルは平均的だが、自身の意見をまとめ的確に表現する能力が求められます。
検査・作文・面接がそれぞれ同じ配点のため学習面だけでなく作文・面接の対策が必須です。
近年受験者数が増加傾向にあり人気が高まってきています。
また他の私立中学と違い、学校の内申点も評価対象となるため普段の学習態度にも気を付けておきましょう。

トライでは上記の学校以外にも、
各学校別の受験対策カリキュラムを作成し指導しています。

指導対象校一覧
中予地区 愛光中、済美平成中等教育学校、愛媛大学附属中、新田青雲中等教育学校、松山西中等教育学校、松山東雲中 東予地区 今治明徳中

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの中学受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの中学受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

愛媛県の中学受験
対策はトライに
おまかせください。

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

愛媛県の中学偏差値一覧

(トライ教育情報センター調べ)

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの中学受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの中学受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

愛媛県の中学受験
対策はトライに
おまかせください。

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

お問い合わせ・
資料請求はこちら

  • トライさん相談窓口 LINEでもお問い合わせできます! 友だちに追加する
中学受験情報TOPへ戻る