群馬県の高校受験情報

群馬県の高校受験概要

高校受験の入試日程や受験トピックをご紹介します。

■ 群馬県 公立高校入試 ■

□前期試験
試験内容:調査書、面接、作文(あるいは実技検査、プレゼンテーション等の各高校が定めた検査)、総合問題(平成29年度から一部で実施)

入学願書等受付:平成31年2月5日(火)、2月6日(水)
検査(面接等)実施:平成31年2月13日(水) ※加えて2月14日(木)に実施することもあります。
合格者発表:平成31年2月21日(木)

□後期試験
試験内容:調査書、学力検査(国語・数学・理科・社会・英語)
※各学校はどちらかの比重を高めることや学力検査の各教科間において傾斜配点を行うことができる。

入学願書等受付:平成31年2月27日(水)、2月28日(木)
志願先変更:平成31年3月4日(月)
学力検査実施:平成31年3月7日(木)、3月8日(金)
合格者発表 :平成31年3月15日(金)

■ 私立入試の選抜と入学手続き ■
公立高校よりも先に行われる「私立高校入試」。
第一志望校として受験される方もいる中、本命は公立高校だが、万が一を考え私立高校を受験される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、私立高校受験について確認してみましょう。
私立高校の場合、学校説明会に足を運んで、単願推薦・併願推薦の合格基準に達しているか確認します。
希望する私立高校の推薦入試と、一般入試を両方受験することも可能ですので、あなたの受験スタイルを考える必要があります。

《選抜方法》
単願:単願校に必ず入学する受験方法。通知表点数・欠席日数などが合格水準を超えていれば、ほぼ合格。
併願:他に本命校がある受験方法。通知表点数・欠席日数などが合格水準を超えていても、学力検査(面接・作文がある場合も)が合否を左右。

《入学手続き》
単願合格者の場合は、入学手続きを取ります。
併願合格者の場合は、延納手続きをとり、他校の受験に備えます。

単願受験の場合は、「本校を受験して受かったら必ず行きます」という制度ですので、注意が必要です。

公立高校入試の傾向と対策

英語・数学・国語・理科・社会の5科目について、前年度の出題傾向と対策方法を紹介します。

英語

■前期試験 
平成30年度 受検者平均点:35.8点(昨年は34.6点) ※50点満点
大問4大、計12問から成り立ち、単語や会話文、読解文に関する問題が出題されました。
空所に適切な文を選ぶ問題や、会話形式、スピーチ等、問題形式は一般的な問題と変わりありません。
「聞くこと」、「話すこと」、「読むこと」、「書くこと」の4分野において、満遍なく出題されています。
単語や用語を知っているだけでなく、自ら英文が作れるようになっておく必要があります。

■後期試験
平成30年度 受検者平均点:61.4点(昨年は55.8点) ※100点満点
群馬県公立高校入試後期試験の英語の特徴として、リスニング問題が全体の約3割を占めていることです。
学校の授業で主となっている文法や読解問題は、全体の半分、約5割とされています。
2020年度教育改革の「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能の向上を目指すことに繋がっていると考えられます。

リスニング=聞く・話す
読解問題=読む
文法・英作文=書く

この4つの技能を満遍なく学ぶことで、全体の点数へと結びつきます。

特に上位校合否のポイントとなるのは、「リスニング」です。
リスニングの対策として、毎日コツコツと英文を聞き、1つでも多くのワードを聞き取れるようにすることです。
また、最近の傾向として、流れる文章の量(情報量)が増えたため、より一層、聞き取る力が求められんさう。

英作文では、自分の意見を述べるだけでなく、自由に記述する英作文が出題されています。
絵から今の状況を読み取り、英作文で述べるなど、自由な記述になった文、英語の文法能力を問われます。
「日本語でならば文章が書けるが、英語では書けない」ということがないように、とにかく英作文を書く練習と添削を何度も行いましょう。


数学

■前期試験
平成30年度 受検者平均点:31.3点(昨年は30.2点) ※50点満点
大問5題、計20問から成り立っています。
基本的な計算問題(四則演算、平方根、展開、因数分解等)や二次方程式、比例、図形、確率、ヒストグラム、回転体の体積、2次関数、円と角度、連立方程式、証明など中学校の各学年の基礎問題が中心的に出題されています。
基礎的・基本的な知識・技能が問われるほか、論理的思考力や表現力についても問う傾向にあります。
ただ数値を求めるだけでなく、図形を用いながら説明をする問題など記述対策が必要となってくるでしょう。

■後期試験
平成30年度 受検者平均点:45.7点(昨年は54.0点)※100点満点
平成29年度入試では、ここ数年、出題していなかった「コンパスと定規を用いた作図」、そして、その図形の性質を元に説明をさせる問題があり、今年度も図形の作図が出題されました。

また、全体的に基礎問題が所々に出題され(反比例や資料の整理、確率問題(1)など)、高得点を狙う人にとっては絶対に落とせない問題となりました。これまでの知識を活用して、思考的に考える問題が多く、また、説明する問題では簡潔に要点をまとめる力が問われました。記述問題が多いので、焦らず、時間内に解くことができるかどうかが勝負となります。

大問1では基本的な問題が出題されます。
絶対に点を落とさないようするためには…
① 量をこなして、スピードかつ正確に解く練習をする
② 解き終わった後に見直しができるようなメモを取る
この2つをここがけて対策を行いましょう。
パッと見たところ、一見教科書レベルの基本的な問題のようですが、やや難易度の高い計算問題や思考力を求める問題も出題されています。、
上位校を目指す生徒は、大問1を9割以上、それ以外の生徒も8割を目指しましょう。

国語

■前期試験
平成30年度 受検者平均点:28.6点(29.2点) ※50点満点
大問1 漢字の読み書き10問、四字熟語1問、ことわざ1問 計12問
大問2 文法1問、言葉の正しい使い方2問 計3問
大問3 古文 計3問
大問4 漢文 計2問
大問5 現代文 計4問
合計25問で構成されていました。
例年、漢字や四字熟語、日本語の表現(ことわざ)、文法、敬語、現代文、古典など幅広く出題されています。
漢字の読み書きは比較的基本的な問題が多く、全体的に学校の学習の知識で対応できる問題が出題されています。
基本的な学習・知識を試されているといってもよいでしょう。
毎年問題数もほぼ変わらず、あなたの意見を述べる問題など時間を要する問題(110字以上140字以内)が出題されているので、時間配分が重要なポイントとなってきます。

■後期試験
平成30年度 受検者平均点:57.1点(昨年は60.6点) ※100点満点
群馬県 公立高校入試 後期試験の国語では、「読解問題」「古典(古文・漢文)」「作文」「知識に関する問題」と幅広く出題される傾向があります。

落としてはいけない問題として、毎年出題されている「漢字の読み書き問題」。
漢字の読み書き問題は、8問出題されているが、どれも入試に出題される基本的な漢字であるので、必ず押さえたいところです。
また、国語の基礎知識として、「ことわざ」や「慣用句」、「部首・総画数」なども出題されるので、入試に出題されやすい問題あたりは押さえておきましょう。

《古典》
古文においては、「現代仮名遣い」に書き換える問題や返り点を付ける問題、歴史的仮名遣いの基礎知識が問われています。
様々な古典を読み、文の書き換え方や読み方、返り点の付け方を身に着けておきましょう。

《作文》
作文は毎年出題されています。
昨年度は、第一問「説明的文章」の問題中に140~180字程度で考えをまとめる作文問題が出題されました。
はじめにこの「作文」に手を付けてしまった場合、時間をかけすぎてしまい、他の問題が疎かになる恐れがあります。
その為、大問3・4の古典問題を先に解き、残りの時間をうまく活用して作文に充てることが望ましいでしょうあ。
作文な何度も添削をしてもらい、書き方のコツを学ぶことが大切です。
書き方をマスターするためにも、家庭教師の先生にコツを学びましょう。

《読解問題》
読解問題においては、いかに早く文章を理解し、情報を整理・まとめることができるかがポイントとなります。
長い文章から文の要約、ポイントとなるキーワードの抜き取りをし、求められていることに対して答えらることが望ましいです。
自分で時間を測りながら即座に文章から問われている内容を判断し、解答を得る、そして、反復学習により長文読解に慣れることが大切です。


理科

■後期試験
平成30年度 受検者平均点:47.3点(昨年は59.7点) ※100点満点
例年の傾向では各分野において次の単元が頻繁に出題されています。
《物理分野》
「光と音」
「電流」「電流と磁界」
「仕事とエネルギー」「力のつりあい」

《化学分野》
「水溶液とイオン」
「酸化と還元」

《生物分野》
「生命を維持するはたらき」
「遺伝の規則性と遺伝子」

《地学分野》
「星座の年周運動」「日周運動」
「太陽系と惑星」

群馬県公立高校入試の後期試験「理科」では、記述解答問題が11問と多いです。
理科を得意とする生徒は、記述解答問題でいかに簡潔にポイントを押さえて文章化することができるかが重要となります。
また、用語を答える問題も数問ですが、毎年出題されています。必ず押さえておきたいところです。

全体的に、「物理分野」「化学分野」「生物分野」「地学分野」全てから満遍なく平均的に出題されている群馬県公立高校入試後期試験の理科。
どの分野に対しても対応できるように、苦手な分野を作らないことが大切です。

社会

■後期試験
平成30年度 受検者平均点:48.6点(昨年は54.8点) ※100点満点

《地理》
日本に関する問題では「中部地方」、世界に関する問題では「北アメリカとヨーロッパ」が出題されました。
日本地理、世界地理、共に偏りなく広範囲で出題されます。前年度は大問2『近畿地方』、大問3『アジアに関して』出題されました。
地図や資料を用いて出題されるので、教科書、ワークだけでなく、資料集もおさえておきましょう。

《歴史》
世界的に価値が高い建造物の発表に関する問題、世界からみた日本に関する問題の2シュルが出題されました。
前年度は、大問4『世界とのかかわりによる日本の各時代の変化に関する発表(古代~近世)』、大問5『世界の中の日本に関する発表』が出題されました。
一問一答形式の問題だけでなく、年表から読み取る力が求められています。

《公民》
経済では、明治以降の日本の貿易と国民生活の様子に関する問題、政治では、私たちの政治の学習における企業見学の発表に関する問題が出題されました。
公民は経済と政治で1題ずつ出題されるが、いずれも記述式の問題が多いのが特徴です。

 

群馬県公立高校入試の社会の特徴として、記述問題の多さ。
記述問題が全体の4~5割を占めているといっても過言ではありません。
解答用紙を見て、記述解答の量に驚くのも無理がないと言えます。

 

上位校を目指す生徒は100点満点中80点以上を目指してください。
ライバルと差をつけるには、「知識問題の正答率」と「記述問題の文章能力」です。
知識問題においては、全問正答を目指しましょう。
記述問題においては、「何」を問われているのか、しっかりと把握したうえで文章を組み立てていく必要があります。
ポイントとなる用語や資料(表や図)から読み取ったポイントを箇条書きにした上で文を作ることをお勧めします。

また、上位校以外を受験する生徒は、60点以上を目指して頑張りましょう。
「出題傾向」や「予想問題」を元に、1つ1つ丁寧に理解・暗記をしていくことが大切です。
その時代や地域、テーマにおいて、何がポイントとなるのか。
しっかりと、1つ1つ基礎から押さえていくことを心がけましょう。


私立高校入試の傾向と対策

志望校の入試傾向に合わせたカリキュラムで学習することが、
受験合格までの第1歩です。
代表的な学校について、入試の出題傾向と対策法をご紹介します。

東京農業大学第二高

東京農業大学第二高では、Ⅰコース、Ⅱコース発展、Ⅱコース標準、Ⅲコースと習熟度別のクラス編成です。
外国人を交えた英語でのディスカッションや発表(Ⅰコース),異文化交流(Ⅱコース),福祉や保育などの体験(Ⅲコース)といった総合学習を取り入れるといった独自の教育が行われています。

 

■ 入試情報 ■
昨年度の入試からの変更点は、以下の通りです。
国語:昨年度より難しくなると想定されます。
数学:大きな変更点はないと想定されます。過去数年分の過去問題を解き、問題の傾向と時間配分を検討しておきましょう。
英語:選択肢のうち、複数回答をする問題が出題されると想定しています。また、例年の傾向をつかむために、数学同様過去問題の量をこなしましょう。
また、英文を含む図や表を用いた問題に慣れておく必要があります。
理科・社会:大きな変更点はないと想定されます。

 

【推薦入試(単願)】
募集定員の約6割は、単願の推薦入試にて合格しています。
コース別の評定の目安は以下の通りです。
Ⅰコース4.2
Ⅱコース発展 3.9
Ⅱコース標準 3.4
Ⅲコース 非公開

基準としては、5科目または9科目の評定が上記の目安を超えていることが条件です。
この基準を超えていること、そして面接、3教科の試験の結果によって合否が決まります。

単願の推薦入試で行われる面接は、7~9名のグループ面接です。
他の受験者の緊張感に負けず、堂々と答えられるように繰り返し練習を行うことが大切です。

 

【学業特待入試(併願)】
募集定員の約4割は、併願の学業特待入試にて合格しています。
コース別の評定目安は以下の通りです。
Ⅰコース 9教科評定4.5 5教科評定4.7
Ⅱコース 9教科評定4.1 5教科評定4.2

試験内容としては、調査書と5教科の筆記試験、面接の3点です。
筆記試験は各100点、合計500点満点、面接200点満点の合計700点で評価されます。
面接は推薦入試同様、7~8名のグループ面接です。

【一般入試】
合格者の枠が少ないことが特徴です。
学業特待入試よりも問題のレベルが上がります。
その為、一般入試での合格を目指す方は、学業特待入試での過去問題のレベルより難しいことを念頭に置き、学習に取り組みましょう。

高崎商科大学付属高

 

高崎商科大学付属高では、2学科7コースを併設しています。
普通科:難関国公立大・難関私立合格を目指す「特別進学選抜コース」と大学進学を目指す「特選・特進・進学コース」があります。
総合ビジネス科:「会計コース」と「総合ビジネスコース」があります。
※総合ビジネス科では、進学後にコースを決定します。

 

■ 入試情報 ■
《推薦入試および推薦特別奨学生入試》
入試日:2019年1月13日(日)
普通科進学コースおよび総合ビジネス科 推薦入試では、マーク式基礎学力テスト(国語・数学・英語)と面接が行われます。
推薦特別奨学生は学業、資格、部活動に分かれており、普通科および総合ビジネス科共に作文・面接の試験になります。

 

《学業特別奨学生Ⅰ期入試》
入試日:2019年1月14日(月)
普通科および総合ビジネス科共に、マーク式の5教科学力試験になります。

 

《学業特別奨学生Ⅱ期入試》
入試日:2019年1月24日(木)
普通科および総合ビジネス科共に、マーク式の5教科学力試験になります。
※I 期・II期のダブル受験の場合は II 期の受験料免除、さらに I 期・II期の受験結果の合格種別でどちらか良い方で手続可能になります。

 

《一般入試》
入試日:2019年2月2日(土)
普通科および総合ビジネス科共に、記述式の3教科学力試験(記述式)、面接になります。
群馬県公立高校入試での記述対策が生かされる場面ですが、群馬県公立高校入試よりも記述の難易度が上がるため、より試験時間の使い方・工夫が必要です。

募集定員:普通科380名、総合ビジネス科120名、合計500名(男女)


共愛学園高

 

■ 入試情報 ■

《入試形態》
推薦入試:作文および面接
※英検推薦の場合は、面接のみ
学業特別奨学生入試:5教科の学力試験
※帰国生は、3教科(国語・数学・英語)の3教科の学力試験と面接
一般入試:5教科の学力試験と面接
※帰国生は、3教科(国語・数学・英語)の3教科の学力試験と面接

 

《入試日程》
普通(特進c)〔学業特別奨学生〕、普通(進学c)〔学業特待奨学生〕、英語(特進c)〔学業特待奨学生〕、英語(進学c)〔学業特待奨学生〕

試験日:2019年1月14日
発表日:2019年1月21日 郵送にて

普通(特進c)〔推薦〕、普通(進学c)〔推薦〕、英語(特進c)〔推薦〕、英語(進学c)〔推薦〕

試験日:2019年1月13日
発表日:2019年1月21日 郵送にて

 

《学力試験》
英語:リスニング10分を含む50分間の試験です。筆記にかけられる時間は40分間なので、まずは問題全体をざっと見て、設問数および長文の量などを確認したうえで解くようにしましょう。
※英語以外は各45分間になります。

国語:現代文分野大問2(評論的問題、小説的問題)と国語常識問題(古典分野を含む)が出題されます。割合は、現代文:国語常識問題=8:2です。
評論・評論的な問題と小説か随筆が出題されます。また、国語常識問題の知識分野においては、漢字書き取り、読み、語句の意味、四字熟語、慣用句が出題される傾向があります。
古典分野においては、基本的な設問が多く、公立高校入試同様歴史的仮名遣いや書き下し文、文学的な知識(代表的な作品名や作者、ジャンル、時代等)文法、をメインに学習しましょう。

数学:基本的な計算問題が4割を占めます。大問2以降は、「方程式」、 「関数」、 「図形」、 「確率」 の分野からの出題されます。
中学3年で学習する「三平方の定理」、「円」、「標本調査」は出題されないため、注意しましょう。

 

《面接対策》
共愛学園は、イエス・キリストの御言葉に基づいて聖書を問うして愛を知り、社会にあって自己の為に生きるのではなく、他社と共に生きることの大切さを育むことを目指す生徒を育成する学校です。
共愛学園高の面接では、共愛学園の教育方針やキリスト教主義の精神に共感し、共愛学園で学びたいという意思をしっかりと伝えることが大切です。
これからの高校生活の3年間をどのように過ごしたいか、なぜ共愛学園に進学したいのかをしっかりと明確にしておきましょう。

英検推薦および帰国生入試:個人面接
その他:集団面接


トライでは上記の学校以外にも、
各学校別の受験対策カリキュラムを作成し指導しています。

指導対象校一覧
共愛学園高、新島学園高、前橋育英高、樹徳高、桐生第一高、東京農業第一第二高、高崎健康福祉大学高崎高、常盤高、高崎商科大学付属高、明和県央高、関東学園大学附属高、ぐんま国際アカデミー高、中央中等教育学校、四ツ葉学園中等教育学校、前橋高、前橋南高、前橋東高、前橋西高、前橋女子校、勢多農林高、前橋工業高、前橋産業高、前橋清陵高、高崎高、高崎女子高、高崎商業高、高崎北高、高崎東高、太田高、太田女子高、太田東高、館林高、伊勢崎高、伊勢崎清明高、伊勢崎興陽高、桐生校、桐生女子校、藤岡中央高、沼田高、渋川高、渋川女子校

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

群馬県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 上位高の男子校(高崎高・前橋高・太田高) 難関入試対策コース
  • 上位高の女子校(高崎女子高・前橋女子高・太田女子高) 難関入試対策コース
  • 群馬県公立高校入試 前期試験 総合問題・小論文・面接対策コース
  • 群馬県公立高校入試 短期決戦 5教科総まとめコース
  • 群馬県公立高校入試 後期試験 主要2教科 英語・数学特化コース
  • 群馬県公立高校入試 理社 記述対策コース
  • 群馬県私立高校入試 中高一貫校(共愛学園高・新島学園高・四ツ葉学園高) 入試対策コース
  • 群馬県私立高校入試 (健大附属・商大附属・前橋育英・樹徳高 等) 入試対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

群馬県の高校偏差値一覧

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72県立前橋(普通)
71
70高崎(普通)
69
68太田(普通)
67
66
65桐生(理数)
64
63
62桐生(普通)前橋女子(普通)
61高崎女子(普通)
60前橋南(普通)・太田東(普通[単位])・市立高崎経大附属(普通/普通系)渋川(普通)
59前橋東(総合)・高崎北(普通[単位])
58沼田(普通/数理科学)太田女子(普通)
57富岡(普通)
56渋川女子(普通)
55県立伊勢崎(文理・グローバルコミュニケーション)館林(普通)
54高崎工業(情報技術)沼田(普通/普通)
53前橋商業(システム情報)・高崎東([普通])・市立前橋(普通)・市立高崎経大附属(普通/音楽、美術)桐生女子(普通)
52桐生南(普通)
51前橋商業(ビジネス総合)・高崎工業(機械、建築)・高崎商業(商業系全般)・伊勢崎清明(普通[単位])
50前橋工業(電子機械)・西邑楽(普通)・桐生市立商業(商業、情報処理)・太田市立太田(普通)
49前橋西(普通、国際)・高崎工業(工業化学)・吾妻中央(普通)
48前橋工業(電子、建築)・高崎工業(電気)・吾妻中央(福祉)
47吉井(総合)・桐生工業(機械、電気、建設、染織デザイン)・伊勢崎工業(商業系全般)・西邑楽(スポーツ、芸術/音楽、美術)・太田市立太田(商業)沼田女子(普通/英数)
46高崎工業(土木)沼田女子(普通/普通)・館林女子(普通/普通)
45前橋工業(機械、電気、土木)・桐生西(普通)・渋川青翠(総合)・渋川工業(機械、自動車、電気、情報システム)・館林商工(建築・生産、総合・情報)
44伊勢崎工業(機械、電子機械、電気、工業化学)
43太田工業(機械・電子機械、電気・情報)・利根実業(生物・グリーン、機械・環境)・大間々(普通)・吾妻中央(農業)
42伊勢崎興陽(総合)・藤岡中央(文理・数理)・藤岡工業(工業全科)・大泉(普通)
41勢多農林(植物科学、バイオ、食品科学、フードビジネス)・大泉(食品科学)
40安中総合学園(総合)、大泉(グリーンサイエンス)、大泉(生物生産)、尾瀬(自然環境)、尾瀬(普通)、下仁田(普通)、新田焼(総合)、勢多農林(資源動物、応用動物、土木工学、緑地デザイン、フラワーデザイン、グリーンライフ)、玉村(普通)、板倉(普通)、万場(普通)嬬恋(普通/普通、スポーツ健康、流通ビジネス)、富岡実業(食品科学、電子機械)、富岡実業(食品生産、園芸科学)、長野原(普通)、榛名(普通)、藤岡北(農業系全科)、松井田(普通)
39
38
37
36
35
34
33
32
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72
71
70
69樹徳(普通/SSコース)
68
67群馬工業高専(機械工学、電子メディア、電子情報工学、物質工学、環境都市工学)
66東京農業大学第二(普通/進学選抜)
65前橋育英(普通/特進選抜)
64
63高崎健福大学高崎(普通/特進)・高崎商科大学附属(普通/特進選抜)・東京農業大学第二(普通/発展標準)
62
61共愛学園(英語/特進)
60共愛学園(普通/特進)・樹徳(普通/Kコース)
59
58
57高崎健福大学高崎(普通/大進)
56桐生第一(普通/特別進学)・高崎商科大学附属(普通/特別進学)・前橋育英(普通/特進)
55常磐(普通/特別進学)
54関東学園大学附属(普通/特進)・共愛大学(英/進学)・東京農業大学第二(普通/クラブ選抜)
53樹徳(普通/Sコース)・新島学園(普通)
52常磐(普通/進学)・明和県央(普通/特進)
51共愛学園(普通/進学)
50高崎健福大学高崎(普通/進学)・明和県央(普通/Ⅰ類選抜)
49前橋育英(普通/総合進学)
48高崎商科大学附属(普通/進学)
47高崎商科大学附属(普通/特別進学国際、総合ビジネス)
46関東学園大学附属(普通/進学)
45明和県央(普通/Ⅰ類)前橋育英(保育)
44前橋育英(普通/スポーツ)・明和県央(普通/Ⅱ類)
43利根商業(商業系全科、普通)・常磐(普通/総合)
42
41樹徳(普通/Jコース)桐生第一(普通/進学スポーツ)
40桐生第一(製菓衛生)桐生第一(調理)、桐生第一(普通/総合)、常磐(普通/体育)、高崎健福大学高崎(普通/アスリート)
39
38
37
36
35
34
33
32

(トライ教育情報センター調べ)

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

群馬県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 上位高の男子校(高崎高・前橋高・太田高) 難関入試対策コース
  • 上位高の女子校(高崎女子高・前橋女子高・太田女子高) 難関入試対策コース
  • 群馬県公立高校入試 前期試験 総合問題・小論文・面接対策コース
  • 群馬県公立高校入試 短期決戦 5教科総まとめコース
  • 群馬県公立高校入試 後期試験 主要2教科 英語・数学特化コース
  • 群馬県公立高校入試 理社 記述対策コース
  • 群馬県私立高校入試 中高一貫校(共愛学園高・新島学園高・四ツ葉学園高) 入試対策コース
  • 群馬県私立高校入試 (健大附属・商大附属・前橋育英・樹徳高 等) 入試対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

2019年度入試の
合格実績教師を優先的にご案内しています!
お問い合わせ・資料請求はこちら

  • トライさん相談窓口 LINEでもお問い合わせできます! 友だちに追加する
高校受験情報TOPへ戻る