香川県の高校受験情報

香川県の高校受験概要

高校受験の入試日程や受験トピックをご紹介します。

■学区制について
香川県の公立高校入試では、東と西の2つに通学区域が設定されており、自分が住んでいる学区の高校にしか出願できません。ただし、例外として中央に位置する国分寺・綾歌・綾川からは、どちらの学区の高校でも自由に出願が可能となっています。

■入試日程と入試制度について
入試形態には一般選抜と自己推薦選抜の2種類があります。自己推薦は2月の上旬にあり、一般選抜は3月の中旬にあります。自己推薦は一般選抜と比べ倍率が高く、出願できる高校が限られているので注意が必要です。

一般選抜では、3月に実施される学力検査と面接があり、そのうち学力検査の250点と調査書220点の合計370点満点で評価されます。ただし、調査書に記載された学習の記録(評定)以外の内容や適性検査の内容も合わせて評価の対象となります。学力検査については、国語・社会・数学・理科・英語がそれぞれ試験時間50分で50点満点となっており、英語には約12点分のリスニング問題があり、国語には約8点分の作文問題があります。また、調査書については特に注意が必要です。中1・2年時の配点合計が90点であるのに対し、中3の配点合計は130点あります。特に5科目以外の音・美・技家・体の4科目の配点が1・2年の40点に比べ、中3での配点は80点もあります。高校によっては、調査書(評定)の点が低いと学力検査で高い点を取っても落とされることがあるので、学内テストで高得点を取り、提出物などもきちんと出すことが大切です。学力検査の翌日に行われる面接は「志望動機」「中学でがんばったこと」「高校でがんばりたいこと」などの基本的な質問に対応できるようにしておけば大丈夫です。ただし、前日の学力検査で緊張しないためにも、1・2ヶ月前から学校の先生や塾の先生に面接練習をしてもらい自信をつけておきましょう。

自己推薦選抜では、総合問題と作文、適性検査などが課されます。対策は一般試験とほとんど変わりませんが、記述問題が多く出題されるので、3年になってから7回実施される「学習の診断」と公立入試の過去問題の中の記述問題は丁寧に復習しましょう。また、自己推薦選抜の過去問題も市販の公立高校入試の過去問題集に掲載されているので、推薦を考えている方は早い段階で試験内容を確認しておきましょう。

公立高校入試の傾向と対策

英語・数学・国語・理科・社会の5科目について、前年度の出題傾向と対策方法を紹介します。

英語

平成29年度は大問5問構成となり、傾向に大きな変化はありません。リスニング1題、会話文読解1題、長文読解2題、条件自由英作文1題の構成です。リスニングは12/50点の配点で昨年度と変化はなく、難易度も標準レベルだが最後の文章はやや長いと言えます。長文読解では設問数が多いため、時間配分に十分注意が必要となります。和文英訳や英作文など記述式のものも含まれます。長文読解問題は設問数が多いため、多くの総合問題を解き演習量を確保するようにしましょう。文脈について問う問題も出題されるので、代名詞、指示語に注意して何を指しているか意識して読む習慣をつけることが大切です。アクセント、英作文の出題も定番です。教科書の基本例文や熟語を覚えて基礎的な文法知識を確実につけましょう。

数学

平成29年度は大問5問+小問23問となり例年と変化はありません。基本計算問題、図形、確率など、資料読み取り、方程式、証明の順で出題されました。例年通り基本問題から応用問題まで幅広く出題されています。大問1、2は計算と平面空間の図形問題となっており、点数を落とせない問題となっていました。答えを求める過程を記述させる問題が2問、証明問題が2問出題されました。平成28年に難化しましたが、29年も同程度の内容です。平成30年も問題量、質はそれほど変更はないと思われます。また、1つの問題の中に色々な要素が含まれた応用問題を多く解いていく必要があります。比較的問題文も長くなっているため、処理スピードと内容把握スピードが求められます。文章題や図形問題は特に多く演習量が必要です。基本計算問題は定番のため、ここは落とせません。正確に解けるようにしましょう。

国語

平成29年度は大問4問+小問24問程度で例年と大きな変化はありませんでした。小説・古文・説明文・作文の順番で出題されました。小説と説明文は漢字、カッコ内に適切な言葉を入れる問題、文法問題、選択問題、記述式から成り立っています。古文は抜きだし問題と選択問題と共に現代仮名づかいに直す問題が毎年出ます。作文は3つのことわざから1つを選び、自分の考えを250字程度で書くものが出題されました。平成30年も出題傾向は変わらないと思われます。小説問題は登場人物の気持ちの変化を読み取るように日頃から心がけましょう。カッコ内に適切な言葉を入れる問題はカッコの前後の言葉に注意して読むことがポイントです。古文の現代仮名づかいは出題される可能性が高いので完璧にしておくことが大切です。作文は時間配分に気をつけて最後まで書ける訓練をしましょう。また注意書きにも気をつけましょう。

理科

平成29年度は大問4問+小問42問程度でした。地学12点、生物13点、化学11点、物理14点の合計50点です。地学・生物・化学・物理の順番で毎年出題されます。全分野通して設問の文章が長い傾向と言えます。実験、グラフ、表、図が多く取り入れられており、基礎知識だけではなく資料を理解する力が問われる問題が多数見受けられます。全分野まんべんなく出題されるので得意な分野はより完璧を目指し、苦手な分野も学習する時間を割いていく努力をしましょう。まずは基礎的な知識を習得しましょう。そして過去問を何度も解き、設問の大事なところに印をつけるなどして設問を理解する能力の強化が欠かせません。よく出てくる実験はすべて理解しておく必要があります。

社会

平成29年度は大問3問+小問45問程度でした。公民15点、歴史18点、地理17点の合計50点でした。公民・歴史・地理の順番で毎年出題されます。公民は政治、経済、基本的人権からまんべんなく出題されます。歴史は江戸、幕末、明治以降は多く出題されます。地理は時差、地形図の問題は毎年出題され、基礎知識を広く学習する必要があります。グラフ、表を読み取る問題は全分野必ず出題されます。問題数も多く出るため公民・歴史・地理それぞれ基礎知識を何度も繰り返し復習することが大事です。公民は政治・経済それぞれ表などを活用して正確に覚えていきましょう。また歴史は年表を活用し流れも理解しておきましょう。地理は世界・日本とも地域独自問題は頻出です。全分野、日頃から表・グラフ・写真などの資料問題にも多く取り組み、基礎知識だけではなく読み取る力を鍛えておく必要があります。

私立高校入試の傾向と対策

志望校の入試傾向に合わせたカリキュラムで学習することが、
受験合格までの第1歩です。
代表的な学校について、入試の出題傾向と対策法をご紹介します。

大手前高松高

『栄冠進学SSコース』
将来の目標・学びたいこと:東大・京大・医学部等を目指したい しっかりと学習して将来の夢に挑戦したい。
進路:東京大学・京都大学  医科大学(医学部) 超難関国立大学
コースの特色:東大・京大・医学部などを目指す進学指導。 高い学力を更に練成。 県下のトップクラスに引き上げるプレミアム授業。 国立大学を第一志望とする 習熟度別クラス編成のコースです。

『栄冠進学Sコース』
将来の目標・学びたいこと:有名国公立大学進学を目指したい 勉強と部活動の両立をしたい 生徒会活動やボランティアなど幅広く活躍したい 公務員、看護師等になりたい
進路:有名国公立大学
コースの特色:有名国立大学を目指す進学指導。中学の力を更に伸ばし、Sコースに食い込んでいく 習熟度別クラス編成のコース。

『特別進学Aコース』
将来の目標・学びたいこと:国公立大学進学を目指したい 勉強と部活動の両立をしたい
進路:国公立:有名私立大学
コースの特色:国立大学・有名私立大学を目指す進学指導。中学の力を更に伸ばし、Sコースに食い込んでいく 習熟度別クラス編成のコース。

『特別進学Vコース』
将来の目標・学びたいこと:国公立大学進学を目指したい 勉強と部活動の両立をしたい
進路:国立大学
コースの特色:国立大学受験に充分対応した授業を受けながら 確実に力をつけていく。

英語の出題傾向については、基本的には、公立高校入試や、学習の診断と傾向や範囲は変わりませんので、「大手前高校入試過去問」「公立高校入試過去問」「学習の診断」等を、メインテキストとして、まずは、得点源を1つ1つ着実に積み上げていきましょう!

香川誠陵高

香川県高松市にある私立の中高一貫校で、学校法人尽誠学園によって運営。生徒たちが勉強や部活動などに生き生きと取り組み、豊かな人間性を育み、資質能力を最大限に伸ばすことのできる教育環境を目指しています。

<教育課程>
1年次では基礎を学び、2年次文系と理系に分かれてさらに習熟度に応じて標準クラスと発展クラスに分かれて学習を行います。3年次には三年制と六年制の生徒が混合し、標準クラスと発展クラスに分かれて学習を行います。
また大学進学を目指すため生徒が多いため、授業数が多い。平日は中学高校とも1年時から7時限の授業日があり、毎週土曜日も短縮授業ではあるが4時限までの授業がある。夏休みは香川県下の他の公立中学校・高校と比べて短く、冬休みや春休みは若干他より長い程度である。音楽や美術といった芸術や技術・家庭科の授業数は必要最小限で、英語・数学など主要科目は多く充当されている。
問1のリスニングについては、日々の音読やリスニングCDを使った耳を慣らすトレーニング
問2~5については、語彙力や基本的な会話表現(フレーズ)の日々の暗記
問6は、同意文書き換えのパターン学習
問7は、並び替え英作文のパターン学習
問8は、長文読解のパターン学習
【パターン学習】には、市販の『高校入試 虎の巻』(ガクジュツ著)がオススメ。

トライでは上記の学校以外にも、
各学校別の受験対策カリキュラムを作成し指導しています。

指導対象校一覧
大手前高松高、香川誠陵高、英明高など

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

香川県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 難関高校受験対策コース
  • 香川県診断テスト対策コース
  • 香川大学附属中対策コース
  • 定期テスト対策コース
  • 香川高専受験対策コース
  • 中高一貫校サポートコース
  • 苦手科目対策コース
  • 市立高校受験対策コース
  • 英語検定対策コース
  • 県外受験対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

香川県の高校偏差値一覧

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72
71高松(普通)
70
69丸亀(普通)、高松第一(普通)
68
67
66
65
64三木(文理)
63観音寺第一(普通・理数)
62
61高松商業(英語実務)、高松桜井(普通)、坂出(普通)
60高松西(普通)
59高松商業(情報数理)
58三木(総合)
57
56
55高松商業(商業)
54三本松(普通・理数)、高松工芸(美術)、高松北(普通)、高松第一(音楽)
53善通寺第一(普通)
52高松工芸(機械・電気・工業化学・建築・デザイン・工芸)、香川中央(普通)、高瀬(普通)
51高松南(看護)、坂出(音楽)
50高松南(普通)、飯山(看護)、丸亀城西(普通)
49
48小豆島中央(普/特進)、坂出商業(情報技術)、観音寺総合(総合)
47高松南(環境化学・生活デザイン・福祉)、坂出商業(商業)
46志度(電子機械・情報科学)、高松東(普通)
45志度(商業)、津田(普通)、善通寺第一(デザイン)、琴平(普通)
44小豆島中央(普/普通)、坂出工業(機械・電気・化学工学・建築)、観音寺総合(機械・電気・電子)
43飯山(総合)、多度津(機械・電気・土木・建築)
42
41
40石田(生産経済・園芸デザイン・農業土木・生活デザイン)、笠田(農産科学・植物科学・食品化学・生活デザイン)、多度津(海洋技術・海洋生産)、農業経営(農業)
39
38
37
36
35
34
33
32
偏差値共学男子女子
76
75
74
73
72
71
70
69
68香川県大手前高松(普/栄進SS)
67
66
65
64
63香川県大手前高松(普/栄進S)
62香川高専/高松(機械工学・電気情報工学・機械電子工学・建設環境工学)、香川県大手前(普通)
61香川高専/詫間(通信ネット・電子システム・情報工学)、香川誠陵(普通)
60英明(普/特別進学)
59
58香川県藤井(普/ユリーカ)
57
56香川県大手前高松(普/特進A)
55
54尽誠学園(普/特別進学)
53高松中央(普/特別進学)
52英明(普/進学Ⅰ)、四国学院大香川西(普/特別進学)、坂出第一(普/特別進学)
51香川県大手前高松(普/特進V)
50
49香川県藤井(普/特別進学)
48英明(普/進学Ⅱ)
47高松中央(普/進学)
46
45尽誠学園(普/進学)
44坂出第一(普/進学)、尽誠学園(衛生看護)
43英明(普/情報)、香川県藤井(普/グローバル)
42
41四国学院大香川西(普/進学・総合)、藤井学園寒川(看護)
40英明(普/総合)、香川県藤井(商業)、坂出第一(ファッション・食物)、四国学院大香川西(衛生看護)、四国学院大香川西(商業)尽誠学園(普/体育・普/教養・商業)、四国学院大香川西(普/体育)、高松中央(普/総合進学)、高松中央(商業)、藤井学園寒川(普/総合・普/スポーツ)
39
38
37
36
35
34
33
32

(トライ教育情報センター調べ)

  • 公立高校一覧
  • 国・私立高校一覧

志望校がまだ決まっていない・・・
どうやって受験対策すればよいかわからない・・・

トライの高校受験対策

家庭教師のトライ・個別教室のトライが、志望校までの最短距離をプランニングします。

合格実績が豊富な精鋭教師陣と、志望校合格のために最適化したオーダーメイドカリキュラム、そして受験情報に精通した教育プランナーがサポート。完全マンツーマン指導のトライだからこそ、志望校合格に特化した受験対策を実現できます。

トライの高校受験対策を
詳しく見る

  • 47都道府県対応全国No.1※家庭教師 家庭教師のトライ
  • 完全マンツーマンの個別指導塾 個別教室のトライ

香川県の高校受験
対策はトライに
おまかせください。

  • 難関高校受験対策コース
  • 香川県診断テスト対策コース
  • 香川大学附属中対策コース
  • 定期テスト対策コース
  • 香川高専受験対策コース
  • 中高一貫校サポートコース
  • 苦手科目対策コース
  • 市立高校受験対策コース
  • 英語検定対策コース
  • 県外受験対策コース

※家庭教師生徒数、2016年5月20日 産經メディックス調べ

2019年度入試の
合格実績教師を優先的にご案内しています!
お問い合わせ・資料請求はこちら

  • トライさん相談窓口 LINEでもお問い合わせできます! 友だちに追加する
高校受験情報TOPへ戻る